So-net無料ブログ作成

リモア ジェラルミンスーツケース 凹み修理

県内からの御依頼です。
リモア ジェラルミンスーツケース 凹み修理です。
とある企業からの御依頼で凹み修理できませんか?とのお話でお預かりとなりました。
金属ケースは強度があるので良いのですが、凹みやゆがみが出来ると修理は困難となります。
自動車のボディと同じで叩いたりして修正となるのですが、厄介なのは叩くと金属が延びるために
伸びると皺寄せが発生し、平らだった部分がベコベコと波打ちが発生します。
伸びた金属を直すには、熱を加えゆがみを取る必要があるのですが、アルミやジェラルミンは熱を
加えるともろくなる性質があったり、金属酸化により見た目が悪くなります。
修理が厄介な理由がそこにあります。
ギリギリの範囲で凹みを直し、金属の伸びしろが影響しない範囲での細心の注意を払いながらの
修理となりました。
49158400_2141944756121907_7994342582186409984_o.jpg
48408477_2141944772788572_537234403672195072_o.jpg
ジェラルミンは硬い金属の割りに、叩きすぎると逆に直らなくなるので軽く叩いて確認しまた叩いて
確認しての繰り返しとなります。
48406850_2141944802788569_2081883344018079744_n.jpg
48426764_2141944826121900_2584406367464849408_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。